空き家を抱える人はできれば、更地にせず家を売却したいと考える人が一番多いのではないでしょう?

売り出してすぐに売れればその分経費も最小限で済むことが出来ます。つまり売却が長期化するとその分不要な経費が掛かり、その分家もどんどん古くなっていくのです。人の住んでいない空き家は人が住んでいる家に比べて老朽化が早いと言われています。つまり家を売る絶好のチャンスを見す見す逃していることなのです。

またお家の古さは高い費用をかけてでもメンテナンスを行うことが必要ですが、高いメンテナンスを費やしたのに結局売れずに更地にしたという人も少なくありません。

売却の長期化を避けるためには売れない原因を突き止めることが重要です。

一番に考えられる理由としては「販売価格が高い」ということです。不動産会社が販売活動をしているのに売れなかったり、問い合わせが無いようであればまず価格に問題があると言えるでしょう。少しでも高く売りたいと思うのが本音ですが、買い手も少しでも安く購入したいと思い相場をよく調べているものです。

売れない場合は価格の見直しをしてみましょう。

また内覧者はとても多いのに価格の交渉もなく、売れないといった場合は家自体に問題があると言えるでしょう。内覧者は価格、外観、設備、築年数などを見て家に興味を持ってくれた方です。興味を持って内覧したけど購入したと思わなかったということは建物に魅力が無かったり、問題があったと考えられます。

例えば建物の内外の掃除が行き届いていない、水回りが不衛生、ドアや窓、外壁の破損などがあるかもしれません。家の購入には第一印象はとても重要です。内覧者の方が「ここに住んだら・・・」とイメージできるような環境作りもとても重要です。

空き家を売却したいと思ったら、家自体に破損や修繕しておくべき箇所がないかなど住みたいと思ってもらえる環境づくりを行うことが重要です。もちろん近隣の土地の価格も調べ相場に合った価格にすることも大切です。空き家を売ろうと思ったらなるべく長期化を避けるようにしましょう。