誰も住むことのなくなった空き家をリノベーションして生まれ変わらせることは新築の時よりもさらに価値を高めることが出来ます。新たに新築を立てるより、古い家を自分好みの個性的な建物にリノベーションをしたいと考える人も少なくありません。この方法は新たに新築を立てるための費用を自分のこだわりの部分に費用を費やすことが出来、尚且つ新築を立てるよりも安く完成することにメリットがあります。

また、両親や祖父母の家が残っていて、まだ潰すにはもったいない人にはおすすめです。内装を今流行りのものに返るだけで家は生まれ変わることが出来るのです。

これまでリノベーションのよいところばかり述べてきましたが、もちろんデメリットもあります。

空き家をリノベーションすることでよく問題視されるのが、建築基準法の改正以前に建てた耐震強度に問題のある物件や工事に手抜きがあると判断される物件です。建物の耐久性に問題があると判断されると、今の基準を満たすためにかなりの改修費用が必要となります。空き家をリノベーションして費用を安く済ませようと思っていたのに逆に改修費用にコストがかかって新築よりも高くなってしまったということもあるので注意が必要です。

またもう一つデメリットがあります。それはローンを組む際の金利が高くなることです。一般的にリノベーションは新築の場合とは違い住宅ローンを組むことはできず、リフォームローンとして組むことになり金利が高くなります。そういった点も含めて、十分に資金計画を練ったうえでリノベーションを行うようにしなければいけません。

リノベーションは古くなった空き家や活用方法がなくなった空き家を負の不動産から優良資産へ変えることが出来る方法です。

しかし、リノベーションも決して安いものではありません。リノベーション後の家の活用方法や資金計画を十分に行い、思ったより費用が掛かってしまった、こんなはずじゃなかったということにならないようにしなければいけません。